個別指導学院 ヒーローズ 西春校

ヒーローズ 西春 塾長 小出 ブログ

定期テストが終わったらすべき2つのこと

f:id:heroschool:20200730214858j:plain

ご無沙汰しておりました。

 

保護者様面談、定期テスト対策、夏期講習準備に追われ、久しぶりの更新となってしまいました。

 

さて、今日は定期テストが終わったら、すべきことについて書いていきたいと思います。

結論からお伝えします。

 

①テスト勉強に費やした勉強時間の確認

②テスト1週間前時点での学校ワークの進捗確認

 

定期テストを振り返ることの目的

次回の定期テストで、今回よりも成績を上げることです。

定期テスト前日の夜に、

『もうやるべきことはすべてやった』

と思えるほど勉強できたのであれば、今回の定期テストはその時点で成功といえるでしょう。

 

一方、定期テスト前日の夜に、

『あと、1週間テスト日程が遅ければ。。。』

と思ってしまったのであれば、次回の定期テストに向けて改善点があります。

その段階ですでに、すでに今回のテストへの取り組み方は失敗といえるかもしれません。

 

次回の定期テスト前日に、同じ後悔をしないために、今回の定期テストへの取り組み方をしっかり振り返って見直し、記録として残しておきましょう。

 

①について

詳しく管理できるのであれば、平日の勉強時間も管理する方が良いのですが、学校もあるので、平日の勉強量の多寡に大きな差は出にくいです。

 

過ごし方が大きな差となるのは、土、日、祝日の過ごし方(勉強時間)です。

 

まずは、平日の過ごし方よりも、定期テスト直前の週末、1週間前、2週間前、3週間前の週末の勉強時間は本当に適切だったのか、振り返ってみることが大切です。

 

週末にどのくらい勉強したのか、分からないという場合は、次回からは週末にどのくらい勉強しているのかということをしっかり記録に残しておきまきょう。

毎週末3分の労力で記録できます。

 

この記録があれば、

次回、このくらい勉強時間を増やそうなど計画的に勉強を進めていくことができます。

 

実際に記録をとってみると、意外に土日に勉強できていないということに気付くかもしれません。

 

②について

今までにも繰り返しお伝えしている通り、『能動的な勉強』によって成績をアップすることができます。

 

学校のワークの1周目は、できる問題とできない問題を分けることが大きな目的です。

2周目、3周目で、できない問題をできるようにするために、早い段階で学校のワークの1周目を終えておく必要があります。

 

まずは、このことを理解した上で、学校のワークの1周目をいつ終えることができたのかということを振り返ってみましょう。

 

ワークを終えた時期が、テスト前日や2日前ということであれば、なかなか成績を上げることが難しくなってしまいます。

遅くとも、テスト日の1週間前までには終えることを推奨しています。

 

当教室のテスト対策講習が、テスト日の約1か月前からスタートするのはこのためです。

 

最後に

①②をおこなうためには、勉強時間やワークをいつ終えたのかということを、『記録』しておくことが必要不可欠です。

 

その記録があることで次回のテストに活かすことができます。

 

それがないと、どういう点を改善していけばいいのか分からないまま、次の定期テストに挑まなければなりません。

 

記録を残したら、それを時々確認しましょう。

テストが悪かった直後は、

『次回のテストは頑張ろう』

と思いますが、

その気持ちを1週間後、1か月後、次回のテストまで持ち続けることはなかなか難しいことです。

 

そうならないように、テストの記録を時折見返して、次回定期テストへの方針を確認し続けましょう。

 

成績を上げるためには、一夜漬けではどうにもなりませんので、自分で組み立てた方針を毎日コツコツ実行に移してしていきましょう。

  

POINT

テスト前に記録をつけて、

テスト後に改善点を確認する

 

 

それでは、今日はこのへんで!