個別指導学院 ヒーローズ 西春校

ヒーローズ 西春 塾長 小出 ブログ

まだ早すぎる!?

f:id:heroschool:20200924182932j:plain

 

学校のワークをおこなう時期に早すぎるということはありません。

 

『学校のワークはいつからやり始めればいいですか?』

 

という質問を受けることがあります。

 

その質問に対しては、

『できる限り早く取り組みましょう。テスト1週間前には、全ての提出物を終えていると理想的です。』

と伝えています。

 

学校のワークを『できる』状態にするためには、1周だけでは不十分です。

 

1周目に取り組んだ時に、できる問題とできなかった問題を分けることで、2周目以降はできなかった問題に集中的に取り組むことができます。

 

そして、その問題を『できる』ようにすることがワークに取り組む目的です。

 

このように伝えると、

『あまり、早くワークをやると、テストまでに忘れませんか?』

と聞かれます。

 

忘れます

 

正確にいえば、忘れる事柄もありますが、全部忘れるわけではわけではありません。

むしろ、いつ勉強したとしても、多かれ少なかれ忘れます。

 

忘れてしまうので、学校のワークの2周目、3周目をおこない、記憶を定着させます。

問題演習を繰り返すことで、アウトプットまでのスピードを速くすることにもつながります。

 

テスト勉強や学校のワークに取り組む本来の目的は、テストの点数で高得点を取ることです。

 

学校のワークを終えること自体が目的になってしまっていると、提出日(テスト日)までに終わらせれば、いいかなと思ってしまいます。

 

『学校のワークをあまり早く取り組むと、テスト直前にやることがなくなってしまいます。』

と言われることもありますが、安心してください。

学校のワークを繰り返し解いたということであれば、当教室で問題を用意します。

 

学校の提出物は、遅くともテスト日の1週間前(テスト週間に入る)までに、1周目を終えていると、テスト週間には次のステップに入ることができます。

 

次のステップ

 

学校のワークの2周目、3周目に取り組むことや、穴のある単元の問題に集中的に取り組むことで、穴をふさいで定期テスト挑むことです。

 

仮に授業でまだ習っていなくとも、なんとかワークは早めに終わらせてしまいましょう。

 

学校のワークでよくわからない問題があれば、聞いて理解すればOKです。

 

質問は大歓迎です

  

それでは、今日はこのへんで!